宅配業界の実情と今後についてのまとめサイト

宅配システム限界の原因

インターネット通販が拡大し、宅配量が増加の一途をたどっています。
それに伴って、宅配業者への負担も増すばかりでその状況はかなり深刻なものと言えます。特にはドライバー不足、ドライバーの労働環境の悪化は深刻です。
ドライバー不足に関しては、昔に比べてもそこまで人手の変動として大きな変化はないのですが、Amazon、楽天などのインターネット通販市場の急速な拡大により荷物の取扱量が急激に増えたことが一因となっています。
実際、ドライバー1人で一日平均150~200個を超える荷物を配達していると言われており過剰労働にもつながっています。
また、各社の宅配サービスについても、消費者のニーズに答えようと、時間指定配達、往復便など様々なサービスを取り扱っていますが、例えば、指定された時間にきちんと届けても配達を希望した本人がその時間に不在の場合は、再配達をしなければなりません。これはドライバーにとって時間のロスとなり非効率ですし、かなりのストレスです。
現状としては、このようにドライバーにとって過酷な状況かつ生産性も欠ける状態となっているため宅配業者各社で働き方改革が続々と進められています。
そしてこのことは決して他人事ではありません。インターネット通販を普段から利用している一般消費者にも大きく関わってくることだと思います。
このサイトでは宅配業界の現状と今後の見通しとしてどうなっていくのかをお伝えしていきます。