宅配業界の実情と今後についてのまとめサイト

他人事ではない!宅配業界の現状

EC市場と宅配業者との関係

PC、スマートフォンの普及によりネットユーザーも増え、実店舗まで足を運ばなくてもインターネットを通して、衣類、化粧品、食品など購入することができます。
こういったインターネットを通して購入・決済することをECといいます。
近年、その利用者はとても急増しています。
とにかくこのEC市場での取り扱い商品の幅は広いのです。
更には配送サービスも充実していて、お急ぎ便、時間指定便、冷凍・クール便など自分の希望条件にあった形で届けてくれます。この手軽さから利用者はとても多いです。
このEC市場で絶対的に関わってくるのが商品の配送サービスで、宅配業者なしには成り立ちません。特に業界大手である、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便への影響は大きいでしょう。

宅配業界に与える影響

EC市場の発展・拡大と同時に配送サービスは不可欠となっておりますが、これが宅配業界に多大な影響を与えていました。
ECユーザーが増えている分、取り扱い荷物の個数も急激に増加し配達作業を行うドライバーなどへかなりの負担が掛かっています。
また、配達荷物が増えているだけでなく、お急ぎ便、時間指定便、冷凍・クール便など様々な配送サービスを消費者へ提供していることからその影響も出ているのです。例えば、指定された時間に届けても不在で再配達を行うなどです。
このように配達荷物の多さから過剰労働をしていたり、再配達等による時間のロスが生じ効率の良い働き方ができていないなど労働環境の悪化という影響を与えてしまっています。