宅配業界の実情と今後についてのまとめサイト

今後どのように改善していくのか

上手くサービスを利用する

宅配サービスを受ける上で、宅配ドライバーと受け取り手が対面した状態で荷物を受け取る必要がありますが、宅配業者側の問題からなる影響で荷物の受け取りができない場合ともしくは受け取り手側がインターネット通販から商品の購入手続きをしたものの忙しかったりタイミング悪く自宅での荷物受け取りができない場合があると思います。
こうした状況でお互いのストレス軽減であったりドライバーの作業効率を良くするためにも別のサービスやシステムを利用するのも一つの手かもしれません。
荷物の種類にもよるかと思いますが、例えば、自宅に不在でも荷物受け取りができる宅配ボックスを利用したり、コンビニや宅配業者の営業所、郵便局など自宅とは別の場所で荷物を受け取るようにすれば、荷物を自宅で待ったりせず自分のタイミングで受け取ることができるので便利です。
このように様々なサービスを上手く利用してみてください。

利用者の意識改善

配送サービスを利用する側も意識改善が必要かもしれません。
労働環境の悪化から利用者へのサービスにも影響が出てしまっている宅配業界ですが、全てを業界だけのせいにしてしまってよいのでしょうか。
配達ドライバーの労働環境の悪化要因の一つとして、「再配達」も問題になっています。本来1度で済む配達が、2度3度と足を運ばなくてはならず、業務効率の低下につながっているのです。利用者としては何の負担にもならないですし、気軽に再配達のお願いをしているかと思います。ですが、配達するドライバーの気持ちと業務効率のことを少し気にしてみてはいかがでしょうか。
再配達削減のために、配達日に不在にしない、時間指定便を利用する、家での受け取りが難しそうな場合、コンビニや宅配ロッカーの受け取りをするなど利用者としても
協力できることはすることも心掛けてみてください。